破産宣告・費用.com

破産宣告後に官報に載る?周囲にバレる?

借金について問題を抱えてしまって、毎月の返済が苦しい事態に陥っているときには弁護士などに相談することが賢明であると言えます。
借金を解決するにあたって家族や知人、会社などに知られたくないと考えている人も多いでしょう。
誰にも借金のことについて知られずに解決ができれば最も良い方法と言えますが、自己破産などの手続きにおいては裁判所に申し立てるものとなりますので、破産宣告をする必要があって官報に掲載されることになります。
自己破産とは抱えている債務について返済義務を免除してもらうことで、新しい人生の一歩を踏み出せる制度と言うことができますが、全ての面においてメリットばかりということはく、一般的には官報に掲載されることで第三者に手続きを行ったことが知られることになります。
官報に掲載されたからといって、知人や会社の人が全て官報を確認しているとは言えませんので、知られる機会は少ないものと考えられます。
借金を帳消しにした後においても日常生活を送っていく必要がありますので、新規の借り入れをしたいと考えることもあると言えますが、その場合においては破産宣告を行っている情報が信用情報機関に登録されることになりますので、10年ほどの期間においてブラックリストの扱いを受けることになります。
従って、破産宣告をしている人は一定の期間借り入れやクレジットカードなどを作ることは難しくなることを把握してから、自己破産の手続きを行ったほうが良いでしょう。